奢侈禁止令

全て 名詞
44 の例文 (0.00 秒)
  • あまりに贅沢だということで天保年間には奢侈禁止令の対象にもなった。 ...
  • この時期の対象は大きく分けて奢侈禁止令と荘園整理令を機軸とした。 ...
  • ただし、奢侈禁止令と言ってもその内容や対象は様々であり、全国・全身分に適用する場合もあれば、特定の地域や身分を対象にしたものもあった。 ...
  • 豪華な服装はじめそのほかの贅沢を禁じる奢侈禁止令は厳格に実行されている。 ...
  • 装飾品は現代使われているほぼすべての種類が制作されており、紀元前215年は女性に向けて奢侈禁止令が出たほどであった。 ...
  • 奢侈禁止令によりフランスを始め多くの国で貴族以外の社会階級にレースが禁止されたが、それによりレースは宝石以上のステータスシンボルとなった。
  • イギリスでは、当時この手のボビンレースは生産されなかったが、奢侈禁止令のため「イギリス・レース」と呼ばれ販売されていた。 ...
  • 絶対王政期には、国王および貴族の優位性を確立することと重商主義の観点から輸入を抑制して国産品の消費を拡大させるために民衆に対して奢侈禁止令が出された。 ...
  • しかし、とんぼ玉の製法は奢侈禁止令により明治時代には絶えたと言われている。 ...
  • フランク王国の時代から奢侈禁止令が見られるが、本格的に奢侈禁止令が出されるようになるのは、十字軍以後の商業の急激な発展と都市生活の高度化に対する教会および国家の警戒によるものであった。 ...
  • 忠邦の厳しすぎる奢侈禁止令は都市商人の抵抗を呼び、ついに二年後には失脚につながった。 ...
  • これはもと幕府の奢侈しゃし禁止令に対して起こったことであるかもしれぬが、やがてそれが一つの好みになってくると、奢侈をなし得る能力のあるものでも、それを遠慮した形で、他人に見せびらかさない形でやることが、奥ゆかしいように感ぜられて来た。 ...
  • これはもと幕府の奢侈しやし禁止令に対して起こったことであるかも知れぬが、やがてそれが一つの好みになってくると、奢侈をなし得る能力のあるものでも、それを遠慮した形で、他人に見せびらかさない形でやることが、奥ゆかしいように感ぜられて来た。 ...
  • この年にプブリウス・コルネリウス・ルフィヌスを奢侈禁止令に反して10ポンドの銀製品を所有していたとして元老院から追放している。 ...
  • もっとも時代が進んで社会が豊かになってくると消費生活の統制が困難となり、効果の低い奢侈禁止令がたびたび出されては遵守が徹底されないというジレンマも抱えることとなった。 ...
  • 貝紫色に染められた絹は帝国のエリートの服に用いられ、そうした衣服は奢侈禁止令の中でも規定された。 ...
  • 聖徳太子の冠位十二階でも朝廷に出仕する者の服装規定が定められ、以後も度々奢侈禁止令が出されたが、当初はその対象は主に貴族・官人層であった。 ...
  • 次へ