奢侈禁止

6 の例文 (0.00 秒)
  • 江戸幕府は火災予防や奢侈禁止の観点からしばしば煙草禁止令を出しているが、幕府や藩の専売とすることで次第に許可されていく。 ...
  • その上で三川を側用人・表用人として改めて用いて、天保15年5月から倹約・風紀粛清・奢侈禁止などを中心とした藩政改革を行った。 ...
  • 当時幕政は逼迫し、天明7年に老中松平定信は奢侈禁止を旨として、武士であっても駕籠に乗るのを禁止する倹約令が出されていた頃、正聰は日ごろから釣遊を好み、遠くまで駕籠に乗って出掛けるのを趣味としていたが、突然の禁令によって当惑した。 ...
  • 同年5月15日に将軍徳川家慶は享保・寛政の改革の趣意に基づく幕政改革の上意を伝え、水野は幕府各所に綱紀粛正と奢侈禁止を命じた。 ...
  • 老中首座の水野忠邦は天保9年には農村復興を目的とした人返令や奢侈禁止を諮問しているが、大奥や若年寄の林忠英、水野忠篤、美濃部茂育ら西丸派による反対を受け、水戸藩主徳川斉昭による後援も得たが、幕政改革は抵抗を受けていた。 ...