奢侈好み

3 の例文 (0.00 秒)
  • そしていまは少なからざる人人が、その原因、藩を覆う悪しきものを藩主重定の政治的な無能と変らぬ奢侈好みの中に見ようとしていた。 ...
  • 綱憲は成人するにしたがって、元来質実な上杉家の家風とは相容れない、高家の血を引く奢侈好みの性格を露わにして行くからである。 ...
  • 天保11年、家斉の推薦で西丸老中となったが、天保の改革を行っていた水野忠邦に、奢侈好みだった家斉の最晩年の側近だったと疎まれ、天保14年に老中を辞任した。 ...