奢侈品

108 の例文 (0.00 秒)
  • 誰でもある程度の奢侈しゃし品を手に入れる権利がある、と校長は断言した。 ...
  • 奢侈品であった最高級ワインの需要が大きく落ち込んだのである。 ...
  • いずれにしても製品の主流は、奢侈品としての時計であった。 ...
  • 奢侈品を作る労働は終りを告げ、農業の必要労働は万人が喜んで分ち合う。 ...
  • 人は、彼が支配し得る必要品及び奢侈品の多少によって富みまたは貧しいのである。 ...
  • 奢侈品に対する租税は、必要品に対する租税に比してある利益を有っている。 ...
  • 同一のことは、奢侈品に対する他の租税について言い得よう。 ...
  • そこでこれら金持ちの人々の需要の大部分はおのずから奢侈品しゃしひんに向くことになるのである。 ...
  • しかし土地資源を有つ国の輸出が減少しても、それはわずかに外国の便宜品や奢侈品を多少失うに過ぎないであろう。 ...
  • 江戸時代に大々的に養殖が始まったが、その初期においてはまだまだ奢侈品であった。 ...
  • 貿易のはじめには、珍しい奢侈品しやしひんの貿易がある。 ...
  • こうしたことがもし一般的に行われるならば社会の現状ではおそらく怠惰と罪悪が生じ、また奢侈品と共に土地の生産物も減少する危険があるのであるが、これを別としてもなおもう一つの故障がある。 ...
  • そのほかの重要な工業部門としては、建築とそれに付随する奢侈品の生産があったが、鉱業や製鉄業はまだ二次的な役割しか果たしていなかった。 ...
  • 凍結された口座の中には、奢侈品を購入していた金正日総書記の個人口座も含まれているとされる。 ...
  • そこで奢侈品に対するきわめて有力なる需要が起こると同時に、生活必要品に対する貧乏人の需要のごときはこれがため全く圧倒されてしまうのである。 ...
  • ライチと柑橘類は人気が高く全国的に流通し、開封などの都市や海外へ奢侈品として輸出された。 ...
  • その時哲学は、夫々一種の知的性癖でなければ、文飾的な奢侈品に近づくだろう。 ...
  • 次へ