太い猪首

19 の例文 (0.00 秒)
  • この太い猪首いくびを締めて殺したんだから、犯人は相当筋力のある人間だな。
  • ワイシャツの襟が太い猪首いくびに食いいりそうで、見ていても気の毒である。 ...
  • 気持がいいのか、何を考えているのか、石翁は太い猪首を前に垂れて眠ったように黙っている。 ...
  • 四十の男盛りが太い猪首にみえていた。 ...
  • 太い猪首には、厚刃の登山ナイフが力いっぱいに突き立てられている。 ...
  • 突然、鉾先ほこさきをむけられたので、鷲尾はあわてて、太い猪首をふった。 ...
  • 太い猪首いくびの大助は、高次より頭一つ小さいが、腕っぷしは相撲取りのように強く、互いにいい喧嘩相手といえた。 ...
  • 磯川警部は肥っているから、歩くのが苦手と見えて、息を切らしながら、太い猪首いくびに汗をにじませている。 ...
  • 太い猪首いくびが固いカラーにしめつけられて、まるで青竹の上にゴム風船をのっけたよう、おまけにこの男の色の黒さはどうだ、まるで鍋墨なべずみでもくっつけたように、黒光りに光っている顔の中で、二つの眼だけが西洋皿のように白く光っているのである。 ...
  • 日焼けして労働者のような皮膚の顔は、齢に似合わず脂ぎり首は太い猪首で、いかにも貪婪な皺がそれへとぐろを巻いていた。 ...
  • とほうもない太鼓腹がしわくちゃになったサメ皮の背広の前に突き出し、まるまるとした肩から太い猪首がとび出している。 ...
  • 机越しに見る上体は、それほど大柄でもないのにかかわらず、がっしりとした肩幅や太い猪首いくびなどに、きたえぬいた者の、沈静した活力が秘められていた。 ...
  • 仙太はしかし、太い猪首いくびをかしげて、 「夏の日が、いくら長くても、刻限はかれこれ七ツ過ぎだで、高遠のお城下に着くころには暮れきってしまうにちげえねえです」 と予想した。 ...
  • 金田一耕助の相手は水の上に消えよどむ、紫色の煙を見まもりながら、 「ええ、そう」 と、太い猪首いくびでうなずくと、眼をあげて、思い出したようにあたりを見まわす。 ...
  • 「ただいま、帰りました」 主任は太い猪首いくびをまわして、三原を見ると、 「お帰り、ご苦労だったね」 と、にこにこした。 ...
  • 「なるほど、なるほど、そうだった、静馬はそれで進退に窮したわけですね」 署長は大きなハンケチで、しきりにゴシゴシ太い猪首いくびをこすっている。
  • 「酔いがさめちまった」太田は苦笑して、太い猪首いくびをハンカチでごしごしこすった。