天津教古文書

7 の例文 (0.00 秒)
  • 天津教古文書の批判に先だち、私は如何なる因縁で天津教の存在を知つたか、又如何なる必要あつて其古文書を批判するか、この二點に就いて説明して置きたい。 ...
  • 茲に於て私は再び天津教古文書の批判を思立ち、曩に屑しとせざりし方式により精査糺明これ勉め以て一般世人をも警醒せんことを試みるのである。 ...
  • 而してこの五枚の寫眞のみの研究により、啻にこの五枚に限らず、天津教古文書の全部は悉く最近の僞造にかゝり全く取るに足らないものであるとの判斷に到達した。 ...
  • 天津教古文書は莫大あるものと稱せられるが、不信者には容易に見ることは許されまいと思ひ、先づ取敢えず手元にある寫眞七枚の中の古文書に關するもの五枚の檢討に取掛つた。 ...
  • しかるに昨年八月私は日本醫事新報から天津教古文書の歴史的價値を調べることを頼まれた。 ...
  • また、天津教古文書のいわゆる竹内文書について史料批判を行い、1936年6月、岩波書店『思想』誌上で「天津教古文書の批判」を発表し偽書であることを証明した。 ...