天つ祝詞

35 の例文 (0.00 秒)
  • 今一つ前の形が天つ祝詞の名で一括せられてゐる古い寿言なのである。 ...
  • 天つ祝詞の類の呪言が一等古いもので、此は多く、伝承を失うて了うた。 ...
  • 此天つ祝詞といふ言葉は、常に「あまつのりとの太のりとごと」と続く。 ...
  • 即、此れが、古代の表現を以てすれば、「アマ祝詞ノリト」と言はれるものに相当する。 ...
  • 中臣祝詞の中でも、天つ祝詞又は、中臣の太詔戸フトノリトと言はれてゐる部分である。
  • 斎部が、無反省ながら、天つ祝詞と度々称へたのは、さう言ふ処から出たのだ。 ...
  • 天つ祝詞を含んで、唱へる人の考への這入つて居る此祝詞は、第二期のものである。 ...
  • 天つ祝詞は、高天原から伝つてゐるものだ、といふ信仰を以て、唱へ伝へられて来てゐる。 ...
  • 所謂「天つ祝詞の太のりとゴト」と云ふ語を、最本格式な語として追窮して行き度い。 ...
  • 又中臣大祓詞、これは、斎部祝詞に似てゐるが、此中に、天つ祝詞といふ言葉がある。 ...
  • 唯、語原に就いては多少不審はあるが、さうしたものを伝へて、家々では天つ祝詞と称した。 ...
  • 但、天つ祝詞以外の文句は、時代は遥かに遅れて居る。 ...
  • 事実、祝詞を見ると、天つ祝詞と書いてあるものも、其秘密である天つ祝詞の文章は、省いてあつた。 ...
  • が私は、天つ祝詞が、祝詞の初めだとは思はない。 ...
  • 本道の意味に於いては、天つ祝詞ではなく、所謂諺と称すべきものであらうと思ふ。 ...
  • 其中の部分が、天つ祝詞なのである。 ...
  • 天つ祝詞を唱へる個処は、動作を伴ふところであるらしい。 ...
  • 次へ