大納屋

13 の例文 (0.00 秒)
  • 日曜の朝はいつも十時に動物は大納屋に集合してその週の命令を受けた。 ...
  • あの七戒の書いてある大納屋の壁の下に、二つに折れた梯子はしごが倒れていた。 ...
  • ナポレオンはこの詩をよろこび、大納屋の七戒のある方とは反対の壁に書きしるさせた。 ...
  • 主に、家族持ち向けの小納屋と、単身者向けの大納屋が存在した。 ...
  • けれどもクローヴァーはベッド使用反対のはっきりした規則を覚えていたので、大納屋の端へ行き、そこに書かれている七戒を判読しようと試みた。 ...
  • 彼女は何も言わずにベンジャミンのたてがみを引っ張って、七戒の書いてある大納屋の端に連れて行った。 ...
  • 納屋制度時代の坑夫はいつ死ぬか分からないので刹那的な生き方になりがちで、大納屋の坑夫は博打と喧嘩に明け暮れていた。 ...
  • 大納屋ではたびたび会合が開かれた。 ...
  • 坑員向けの住居は、世帯持ち坑夫に割り当てられた小納屋と、独身坑夫に割り当てられた大納屋に分かれていた。 ...
  • 動物どもが大納屋に集合したときに、スノーボールは立ち上って、風車建造弁護の理由を開陳した、もっともこれは、ときどき羊どもの鳴き声で邪魔された。 ...
  • 大納屋では、一戸建てで、独身坑夫が納屋頭とその家族、納屋頭の腹心の部下らと集団生活をしていた。 ...
  • 納屋同士で確執が起きる場合もあり、特に1897年に田川採炭会社で起こった、江口と伊豆丸両大納屋による「」では、納屋の屋内にダイナマイトを投げ込むなどして坑夫に多数の死傷者を出し、採炭が3日ストップするなど会社にとっても大きな痛手となった。 ...