大盤振舞い

47 の例文 (0.00 秒)
  • いや、彼女はきっと私の知らない所で大盤振舞いしているに違いない。 ...
  • そのほかを合して一日に千文もあったら大盤振舞いの旅ができる。 ...
  • 何だかよくわからないが、周囲の反応はんのうからしてかなりの大盤振舞おおばんぶるまいのようである。 ...
  • 他の乗客たちに大盤振舞おおばんぶるまいをしたという例もあったそうだ。 ...
  • 座員を何人連れてったとして大盤振舞いをしたってたかが知れてる。 ...
  • しかし、それで諸君が今からワインの大盤振舞いにありつけると思ったら、これは見当違いだ。 ...
  • かなりの大盤振舞いだけれど、それだけの価値はあった。 ...
  • どこからそんな金が出るのか、大盤振舞おおばんぶるまいである。 ...
  • こうして社運を賭した大盤振舞いの旅行が終了したのだが、帰国後彼らの会社から発注書が届くことはなかった。 ...
  • 何か大盤振舞いするような気持だった。 ...
  • 仕事着を着て馬をぎょしている男は、うらやましそうに横目で、軒なみの大盤振舞おおばんぶるまいを見てすぎる。 ...
  • 大勢の弟子への容赦せぬ指導、金に糸目をつけぬ大盤振舞いなどを見ながら、子供心に、と、息をのむ日々を過ごした。 ...
  • 二人はそこで並外れた豪勢な暮しをし、他に類のないような大盤振舞いをし、宴会を催しました。 ...
  • 坂口安吾の文学は、毎月彼と関係のあるジャーナリストを呼んで大盤振舞いをするほど繁昌しています。 ...
  • 妻は、三匹百円のサバをバケツ一杯買い込み、大盤振舞いした。 ...
  • するとさあ、私たちへも例の婆さんが新大麦をうんとこさ、しかも測りようもないくらい沢山振舞ってくれたもので、私の馬なんかはこんなに一杯な飼糧かいばをそれこそ一人占めにして、大盤振舞いにあってるような気持がしたことでしょう。 ...
  • こっちは子供でそんな親父の商売の苦労は知りませんから、その晩土地の土工を呼んだ挨拶の大盤振舞いの席で、親父がそいつを懐に呑んで四角く大きくすわっているそばで、きれいなねえさんからキントンなんかを食べさせてもらってましたよ。
  • やがてリングローズも医者を晩餐ばんさんに招待し、大盤振舞いをしたあとで、散歩に誘ってみた。 ...
  • くどい話はぬきにして、武松がこの部屋に移ってきてから数日、くる日もくる日も美酒佳肴がはこびこまれてご馳走の大盤振舞い、殺害の気配などすこしも見られなかった。 ...
  • 勘蔵が桜祭と称して近在の芸妓を集めると、武兵衛は紅葉祭というのをやり堅気の衆も加えて大盤振舞いをした。 ...
  • 江戸屋敷の費用節減は、毎年のように国元からきびしく談じ込まれていることなのに、少なくとも御納戸では、その方針に逆らって大盤振舞いとでも言うべき買物をしていることになるのだった。 ...
  • 鍛冶師ノ長の厨房では大盤振舞いの用意が整っていた。 ...
  • しかも久保田が云うように、ほかの低い大学に帝国大学と同様な特権の大盤振舞いをし、それを私立にまで及ぼそうとすれば、帝国大学はその存立意義さえ失ってしまう。 ...
  • なにしろ今夜、この都は六百年ぶりのお祭り騒ぎなので、市民の大盤振舞いが英国陸軍の規律をも台なしにしてしまいかねませんので、と。 ...
  • それに、他星系からの大盤振舞いを加えてやろう。 ...
  • これの大盤振舞いは、気違い茶会の中のやりとりである。 ...
  • 昔お大名方ではかみしもをつけて豆をまき、お女中方が奪いあってひろったもので、町人でも年男を選んで豆をまかせ、その日はどこでもにぎやかで、大年越しと申しておせちを煮て御酒ごしゅを出し、大盤振舞いをしたものでございます。 ...
  • 富山にいる時は、人にたかり又くすね、小遣こづかいの乏しかったせいもあるけれど、およそ弟にしろ親友にしろ、おごった覚えはないのに、いや京都にいても、かつかつの暮しなのだが、冬のさなかに布団ふとんを質にかつぎこんでまで大盤振舞いしたのは、やはり都会へ出た田舎者いなかものの背伸びか。 ...
  • 次のページ