大数珠

8 の例文 (0.00 秒)
  • 信長の肩にいつのまにか大数珠おおじゅずがななめにかかっている。 ...
  • 念仏講とは信者が百万遍の大数珠をみんなでたぐることから輪姦の江戸語だった。 ...
  • しかし、大坊主が誤ってトイレから大数珠を流してしまったため、結局プロトタイプ版同様世界中に散る事になる。 ...
  • 大数珠探しを共に行う。 ...
  • 服装もいつのまにか行者めいた白衣びやくえにかわり、首から胸へ三重にも、胡桃くるみの実をつらねたほどの大数珠じゆずを掛けらしている。 ...
  • いらたかの大数珠おおじゆずをにぎりおいを背に負うという仰々ぎようぎようしいいでたちで、翌日、禅応は乗り込んできた。 ...
  • 頭には、ござ《・・》の両はしを巻いただけの簡素な回峰行者笠かいほうぎょうじゃがさをいただき、首には百八個の鉄玉を結びつけた大数珠おおじゅずをかけ垂らし、麻の手甲脚絆てっこうきゃはんで身をかため、帯には犬よけの大脇差おおわきざしをさしている。 ...