大怨霊

7 の例文 (0.00 秒)
  • 桓武天皇などへ祟りを起こし平安遷都の原因になったとされる大怨霊。 ...
  • この大怨霊が古い怒りを取り戻したとき、東京はその地霊自身の力で止めを刺されるはずなのだった。 ...
  • 江戸の大怨霊平将門も、できればうらみを忘れて永久に冥府めいふまどろみたかった。 ...
  • その前に、どうした巡りあわせでか、加藤が東京の破壊を仕掛けるごとに対決することになった東京の大怨霊だいおんりよう平将門に目にもの見せてやらねばならない。 ...
  • 西行が命にかけて封じこめた東京の大怨霊を! ...
  • 東京の地霊を統治する大怨霊だいおんりよう、平将門の分霊を飲みこんだ女は、依然として喚びかけに応じようとしなかった。 ...