大器晩成先生

4 の例文 (0.00 秒)
  • 大器晩成先生はこれだけの談を親しい友人に告げた。 ...
  • この人がひとこといえば、どんな怒りの爆発でもしずめることができるし、この人がにっこり笑えば、どんなのんき坊の大器晩成先生でも、うかうかしてはいられなくなる。 ...
  • そして他の若い無邪気な同窓生から大器晩成先生などといふ諢名あだな、それは年齢の相違と年寄じみた態度とから与へられた諢名を、臆病臭い微笑でもつて甘受しつゝ、平然として独自一個の地歩を占めつゝ在学した。 ...
  • 実際大器晩成先生の在学態度は、其の同窓間の無邪気な、言ひ換れば低級で且つ無意味な飲食の交際や、活溌な、言ひ換れば青年的勇気の漏洩に過ぎぬ運動遊戯の交際にはづれることを除けば、何人にも非難さるべきところの無い立派なものであつた。 ...