大侠客

11 の例文 (0.00 秒)
  • 朱家は大侠客として名が知れており、周氏の仲介で季布は朱家の客分となった。 ...
  • 本多初代は大勢の子分を抱えただけに、人一倍情誼に厚く渡世の親分としては政治的な考えのできない不器用な人物であり、財産も人のために多くを散じたというが関西を代表する大侠客であるとの評価は高い。 ...
  • また、『近世侠客有名鏡』においては前頭七枚目において紹介され、黒駒勝蔵や竹居安五郎と並ぶ大侠客として名が挙げられている。 ...
  • なお、横山光輝の『史記』で「大侠客朱家」として上げられている。 ...
  • 大阪の中堅ゼネコン鴻池組は、大侠客として知られた鴻池忠治郎が創業した企業であり、鴻池財閥とは直接の関係がない。 ...
  • 公孫賀は、陽陵の大侠客として知られた朱安世という者を捕え、それと引き換えに公孫敬声の罪を除こうとした。 ...
  • 北京大名府の博徒で、博打の件で殺人を犯し逃亡、滄州の大侠客柴進に匿って貰っていた。 ...
  • 当時国定忠次といえば、関東切っての大侠客、その名は全国に鳴り渡っていて、「国定忠次は鬼より怖い、ニッコリ笑えば人を斬る」と唄にまで唄われていたものである。 ...
  • 而して其の人入れ親方なるものは、職業の性質上どうしても侠客肌の者で無ければならぬ処から、斯う云ふ種類の親方なるものは大抵侠客の名を以て呼ばれたもので、たとへば近世の大侠客相政の如きも亦た土州侯の人入れであつたし、新門辰五郎の如きも矢張りたゞの博徒ではない。 ...
  • マキノ雅弘が監督した『日本大侠客』に登場した藤純子演ずる馬賊芸者のお龍を基に、『緋牡丹博徒シリーズ』を生んだ。 ...