大きな数珠

9 の例文 (0.00 秒)
  • 栃木の宿で、八郎は数人の男が、首に大きな数珠をかけて道を通るのを見た。 ...
  • そこには狛犬二体と、大きな数珠が置かれていた。 ...
  • 巨大な魔剣ダイレクを背負い、それを制御するための大きな数珠を肩から掛けている。 ...
  • 手ばやく着てしまって、大きな数珠じゆずを首にかけた。 ...
  • イタコは、奥の仕切りを背にして坐って、ひざの上で黒玉の大きな数珠じゆず爪繰つまぐりながら低い声で語っている。 ...
  • 大きな数珠じゅずを首にかけ、ふちがほつれて幾重にもずれている網代傘あじろがさをかかえていた。 ...
  • これは、町内の子供が、直径2〜3メートルの大きな数珠を囲んで座り、僧侶の読経にあわせて順々に回すというものである。 ...
  • なお清水寺の随求堂は、この尊を秘仏として祀り、堂から地下へ行く階段があり、その暗闇の中を大きな数珠をたよりに巡ると、最後に大随求菩薩の梵字と書かれた随求石が光り、それを回して祈るという、「胎内めぐり」が体験できる。 ...