外郎

全て 名詞
159 の例文 (0.00 秒)
  • それが、カネか、コンニャクだったか、天ぷらか、ういろうか、知らん。 ...
  • 水無月は白のういろう生地に小豆を乗せ、三角形に包丁された菓子である。 ...
  • 所在地は岐阜県であるが、名古屋に近いことから、米粉を使用した名古屋ういろうである。 ...
  • 小田原外郎家では「お菓子のういろう」と呼ばれ、外郎薬と区別されている。 ...
  • 小田原外郎家では「お菓子のういろう」と呼ばれ、外郎薬と区別されている。 ...
  • 徳宗に才能を認められ、比部員外郎・右司郎中・御史中丞を歴任。 ...
  • 元々は江戸時代に、平手柳左ヱ門によって始められた休憩所で、外郎を売っていたと伝えられている。 ...
  • 「わて、コーヒー外郎一本持ってまんね」 薄暗うすぐらい部屋の中で彼はその品物をチラつかせた。 ...
  • 僕等はウイロウを買うのがやっとのことで、それでも山本屋の親子入煮込定食を食べるだけの金は残してあった。 ...
  • 三角形に切った白いういろうはこの氷をかたどったものとも、四角を半分にしたことで1年の半分を示しているとも言われており、また小豆の赤い色にも厄除けの意味があるとされている。 ...
  • 太平洋戦争中は企業統合により製薬企業及び薬品が統合されていったが、ういろうはそうした状況においても処方・製法が維持された。 ...
  • 数年後に楊炎の政敵の盧杞の失脚により都に戻り、礼部員外郎となる。 ...
  • 室町時代のころから存在する黒砂糖を用いた「黒糖ういろう」が本来の姿と考えられている。 ...
  • また、茶席などで提供される主菓子ではういろう皮を使ったものも多数作られていたり、ういろうのちまきも作られている。 ...
  • これにより、御堀堂が、山口外郎の製法を継承することとなった。 ...
  • 北京に戻ってからは戸部主事を経て戸部広東司員外郎に昇進した。 ...
  • ういろうの起源と云われている「妙楽寺」もともとは、鎌倉後期に薬として伝えたのが始まり。 ...
  • 次へ