外郎家

20 の例文 (0.00 秒)
  • 現在も外郎家が経営する薬局で市販されているが、購入には専門の薬剤師との相談が必要である。 ...
  • これは二代目市川團十郎が薬の世話になったお礼として創作したもので、外郎家が薬の行商をしたことは一度もない。 ...
  • 小田原外郎家では「お菓子のういろう」と呼ばれ、外郎薬と区別されている。 ...
  • 小田原外郎家自身もういろう発祥の地を小田原としていない。 ...
  • 従って、永正元年が事実ではないとしても永正年間に北条早雲・氏綱父子と外郎家の間に関係が成立して、その関係で小田原に移住した可能性は高い。 ...
  • 室町時代には宗敬の子・宗奇が室町幕府の庇護において京都に居住し、外郎家が代々ういろうの製造販売を行うようになった。 ...
  • なお、京都外郎家は現在は断絶している。 ...
  • 外郎とは元来、小田原の外郎家が製造・販売する薬を指し、和菓子のういろうはその口直しのために出されたと伝えられる。 ...
  • 以後、京都の本家とともに外郎薬の製造を代々行ってきたが、江戸時代の元禄年間頃に本家が衰亡した後は、小田原外郎家が独占的に外郎薬を製造するようになり、現在に至っている。 ...
  • 一方、小田原をういろう発祥の地とする説が唱えられることがあるが、これは間違いで、ういろうの元祖を標榜する外郎家の末裔が現在、小田原市に存在することから生じた誤解である。 ...
  • 更に異説として『新編相模国風土記稿』には外郎家が京都から小田原に下向して北条氏綱が宅地を与えたとする説を載せるが、氏綱が当主になって間もない大永年間には小田原外郎家の活動が確認できる。 ...
  • 小田原外郎家は元々薬屋であったため、ういろうに付いてくる説明書きには、胃腸の弱かったり病後の人間や成長期の子供、産婦なども安心して食べられる「栄養菓子」と記載されている。 ...
  • 小田原外郎家は本家との自負から、青柳総本家や梅寿軒の商標登録を特許庁が認めたことを不服として、特許庁を相手取って裁判を起こしたが、いずれも敗訴している。 ...
  • 戦国時代の1504年には、本家4代目の祖田の子とされる宇野定治を家祖として外郎家の分家が成立し、北条早雲の招きで小田原でも、ういろうの製造販売業を営むようになった。 ...
  • 以上から、日本におけるういろう発祥の地は、前説を採れば不詳、後説を採れば外郎家初代宗敬の在住した博多、または、2代目宗奇が在住し、ういろうを初めて世に知らしめた京都となる。 ...
  • thumb|「ういろう」とそのパッケージと説明 ういろうは、神奈川県小田原市の外郎家で作られている大衆薬の一種。 ...
  • 小田原外郎家の当主は代々、宇野藤右衛門を名乗った。 ...
  • 次へ