士官居住区

19 の例文 (0.00 秒)
  • 士官居住区は好評だったが、科員居住区の居住性はそれほど良くなかった。 ...
  • コントロール・ルームにいくまでには士官居住区を通り抜けなければならなかった。 ...
  • 少尉は、艦内の海軍側居住区域にある男性士官居住区に専用室を持っていたが、おれたちは勤務以外でそこへ行ったことなどなかったし、用のあることもめったになかった。 ...
  • その他に従来では士官居住区はイギリス海軍の伝統と同じく艦後部に設けていたが、これを艦橋直下に移動させた。 ...
  • かれらは士官居住区の、ブラバムの部屋から捜索を開始した。 ...
  • これにより艦橋と士官居住区の連絡が便利になり、以後建造の日本海軍艦艇の標準となった。 ...
  • 艦橋内の多くの士官居住区を参加各国海軍連絡士官や同乗取材陣に提供し、また毎朝ブリーフィングを行い参加艦に伝達するなど、居住性と指揮能力を発揮する。
  • 当時の乗組員の手記によれば、この時、士官居住区解放を求める朝鮮半島出身労働者と酒匂の乗組員との間に対立が起こった。 ...
  • それに、アマゾン警備隊の士官居住区でも、シャールとダルリーンの人気のせいで、さほどのことはなかった。 ...
  • この設計変更は海上自衛隊の発足前後に行なわれたとみられており、司令公室や幕僚室などが士官居住区に割り込む形で設置され、機銃応急弾薬庫を廃止して司令部庶務室が設置された。 ...
  • 前部艦橋およびその周辺には、操艦スペースのほかに士官居住区や医療設備、補機室、事務室などがまとめられている。 ...
  • 士官居住区の後部にある収容施設も同様でした。 ...
  • 左舷中央に艦橋を設置する利点として、滑走距離が長い艦載機にとって発艦時に艦橋が障害となりにくい、重量が煙突と左右均等に振り分けられ設計上有利となる、飛行甲板上の作業指揮がとりやすい、士官居住区から艦橋への通行がしやすくなる、格納庫の形状が良好となる、といった点が挙げられていた。 ...
  • 航空兵装と甲標的搭載の艤装は千歳型とほとんど同様であるが、主缶の煙突が必要無いので格納庫や士官居住区などが改良されて補用機が4機増し、常用24機、補用8機となった。 ...
  • 艦上構造物の士官居住区や射撃装置は破壊されたが、船体に命中したのは3番砲塔ガンバレル以外は小口径砲弾のみだったので、艦の重要部分に損害はなかった。 ...
  • もう1つは、格納庫甲板を貫通し、士官居住区で炸裂した。 ...
  • また旗艦設備をさらに充実させた2番艦「ゆきかぜ」では、士官居住区はさらに10平方メートル縮小されている。 ...