境内入口

45 の例文 (0.00 秒)
  • 境内入口から最初の石段を上った狭い平地の左手に常行堂があり、次の石段を上ると左手に国宝の三重塔、右手に法輪堂がある。 ...
  • 大御堂廃寺の二個の柱礎を境内入口の石垣にしているという、その勝宿禰神社をたずねてみればわかるかも知れなかったが、しかし、この日の私は大山だいせん町から淀江よどえ町、それからさらに日野川べりの楽楽福ささふく神社まで行かなくてはならなかったので、もうそうしている時間がなかった。 ...
  • 境内入口付近に建つ多宝塔は、室町時代後期の天文3年の建立。 ...
  • 夕方になっていよいよ暑苦しい太陽が、築土八幡神社の小さな森にさしこんで、その境内入口の横にとまっている馬車に、赤い縞目しまめをふりそそいでいた。
  • 境内入口には「能楽宝生流発祥の地」の碑がある。 ...
  • 能勢妙見堂、また神仏習合時代の名残で境内入口に鳥居があることなどから、能勢妙見宮との通称もある。 ...
  • 境内入口の巨大な仁王門は鉄筋コンクリート造で、出雲大社の大鳥居などでも知られる小林徳一郎の寄進で1920年に建立された。 ...
  • 「折角、ここまで来たんですから、ちょっとお詣りをして参りましょう」 とお吉が勧め、境内入口の総門をくぐった。 ...
  • 境内入口には、正岡子規の「永き日や 衛門三郎 浄瑠璃寺」の句碑が立つ。 ...
  • 境内入口、仁王門左方に建つ鉄筋コンクリート造建築で1975年の竣工。 ...
  • かつての大寺の偉観は塔心礎と四天柱礎、寺域の東五〇〇メートルほどいったところの下田中しもたなに鎮座する帰化人系の氏族がまつった勝宿禰かつのすくね神社境内入口の石垣に利用されている二個の柱礎や、芸術的な軒丸瓦・鬼瓦などにその名残りをとどめるのみだ。 ...
  • 拝観客は、盤桓園・五葉の松の見える座敷に通され、境内入口で渡されたお抹茶券と交換に一服の抹茶と茶菓子を供される。 ...
  • thumb|調神社 境内入口 十二日まちは、埼玉県さいたま市浦和区の祭。 ...
  • サムネイル|230px|境内入口・第一鳥居 当神社の元の社殿は1749年の火災により焼失したため、1826年には本殿、1846年には拝殿が再建された。 ...
  • 境内入口に建つ。 ...
  • 境内入口に元禄三年11月、同6年の二基の塔があり、前者に「武州野方領松庵新田」と刻まれているので、松庵村は新田にあったことがわかる。 ...
  • 参道に、一の鳥居、二の鳥居、境内入口に、三の鳥居が建つ。 ...
  • 次へ