城普請

69 の例文 (0.00 秒)
  • 本格的な城普請が孫市の死をきっかけにしたようにはじまったのである。 ...
  • そして、城普請しろぶしんのできた祝いに、城下は五日の踊りがある騒ぎだった。 ...
  • その頃すでに、現在の城普請の基礎がためとも言うべき仕事がはじまっていたのである。 ...
  • だが、信長の周辺の情勢は、彼を城普請に専念させる程の余裕を与えなかった。 ...
  • 一、高麗こうらいへ渡ってすぐは城普請じようふしんをしなければならないから、その間は馬は不要である。 ...
  • これでは城普請しろぶしんもできぬばかりか、軍役ぐんえきもできなかった。 ...
  • 他に改易の理由として分限をわきまえずに城普請を行なったことが付け加えられている。 ...
  • 高田の城普請には天までが加勢するのか、何日も炎天が続いて雨の気配すら起らなかった。 ...
  • 後日大規模な城普請が行なわれることは明白であった。 ...
  • 普請は、一般には土木工事のことを指す言葉であり、城の土木工事のことを特に城普請ともいう。 ...
  • また藩内の城普請、道普請、川普請等の土木工事も百姓を使役する事になっていた。 ...
  • ほとんどの者は、一再ならず既に城普請しろぶしんの労苦を体験している。 ...
  • いや、城普請しろぶしんの石揚げや石曳きに稼ぎに来ている労働者などは、明日あしたのことさえ、思っていないのである。 ...
  • 改易の理由は、分限を超えた城普請が原因であったとする説や、幕府の外様大名外しであったとする説などもある。 ...
  • 開港地の地方官は、時に彼等の出資に頼つて城普請を行ひ、又は警備艦を作つたことがある。 ...
  • このころ家康はもう駿府に移っていて、服部半蔵も城普請しろぶしんにかかわる黒鍬者くろくわもの指揮のため同地にあった。 ...
  • 浅野氏時代には城普請はほぼ行われなかったが、大規模な干拓事業は引き続き行われ、約250年間で当初の域より5から6倍規模にまで広がった。 ...
  • 次へ