地元の素封家

6 の例文 (0.00 秒)
  • 尋常小学校卒業後、地元の素封家・瀧口吉良の援助を受けて上京。
  • 地元の素封家である大黒屋吉蔵の家に奉公して、木蝋製造の蝋打ち業に従事した。 ...
  • 生家は乞食谷と呼ばれる谷の上にあり、そこは死体を埋める谷のとば口で、一家は地元の素封家の所有する薪小屋に住んでいた。 ...
  • 地元の素封家の高橋清六から将来を見込まれて養子縁組をして経済支援を受け、明治大学法科に入学するも3か月で退学。 ...
  • そして大学院生となった坪井は1887年、卒業論文の一環として吉見百穴の発掘を行い、地元の素封家で貴族院議員、郷土史家根岸武香が発掘を支援した。 ...