地元の古文書

4 の例文 (0.00 秒)
  • 発掘調査とともに行なわれた地元の古文書の調査によると、石工達は正月過ぎから各地に出稼ぎに出ており、石工としての活動が農閑期の季節労働であった可能性が示唆された。 ...
  • これは仙台藩家老の文書に17世紀前半期、細倉銀山と呼ばれていたことがわかる記述が見られることや、地元の古文書からも少し時代が下って寛文年間に細倉銀山と書かれていることなどから明らかである。 ...
  • 戦国時代の井伊氏の歴史は、『静岡県史』で収集されたわずかな数の地元の古文書以外は、『井伊家伝記』以外には手掛かりがなく、この史料を根拠に語られる部分が多い。 ...
  • 地元の古文書に拠ると、この漁師は筑前国梶面村の出自で、文禄の役で日本水軍の水先案内人をつとめた功により夏泊地区一帯を免租地として与えられた。 ...