地価公示

全て 名詞
13 の例文 (0.00 秒)
  • 桜枝町内の地価公示基準地の住所を例にとると以下の3通りの表し方がある。 ...
  • 歴史的には、地価公示の実施機関として開設され、不動産鑑定士審査会が発展的に吸収されて、不動産の鑑定評価に関する法律に基づく権限も所管となった。 ...
  • 台湾の公的土地評価制度としては、日本の地価公示に相当する土地公告現値、日本の固定資産税評価額に相当する公告地価などがある。 ...
  • そこで、合理的な土地価格の形成を可能とするために、1963年に不動産の鑑定評価に関する法律が制定されるなど、前提となる不動産鑑定評価制度の定着を待って、1969年制定の地価公示法に基づき1970年から地価公示が行われている。 ...
  • 平成25年地価公示ランキングにて、平河町2丁目が住宅地では全国第6位。 ...
  • その次の特筆される1970年代の地価高騰に伴う混乱を契機に、国土利用計画法に都道府県地価調査が定められ、地価公示との相互の連携も進められた。 ...
  • また、周辺の不動産取引の基準となる地価公示や路線価が、鹿児島県内で唯一、下落より横ばい、またはやや上昇に転じている。 ...
  • 地価公示法による地価公示が始まった1970年から1972年まで、曾根崎中一丁目は大阪で最も地価が高い場所だった。 ...
  • これに対して、1963年1月30日、同年3月6日に答申を出し、不動産鑑定評価、地価公示制度の創設のもととなった。 ...
  • 住宅地の地価は、2019年の地価公示によれば、真法院町10-6の地点で60万7千円/mとなっている。 ...
  • 国土交通省の地価公示では、上川総合振興局の塩狩峠以南を、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構でも同様に、上川盆地や富良野盆地など上川管内南部を道央の一部としている。 ...
  • 令和2年の地価公示において、橋本2丁目344番1外は県内全地点中上昇率が第8位、橋本1丁目381番25は県内住宅地の上昇率第2位、橋本8丁目864番28は県内住宅地の上昇率第3位である。