囲繞溝渠

15 の例文 (0.00 秒)
  • そしてこの囲繞溝渠のみが、十分安心できるくらいの遠い出口に彼を導き得るのであった。 ...
  • 彼が囲繞溝渠いじょうこうきょに達したのは、午後三時ごろであったろう。 ...
  • 警官らはカドランの隧道から出てきながら、囲繞溝渠いじょうこうきょの方向に足音が聞こえるように思った。 ...
  • 彼は囲繞溝渠いじょうこうきょの方へ進んでいた。 ...
  • 彼が囲繞溝渠いにょうこうきょについたのは、午後三時ごろだったろう。 ...
  • その二つの穹窿きゅうりゅう、ことに新しい方の一七四〇年のは、囲繞溝渠いじょうこうきょ漆喰工事しっくいこうじよりもいっそう亀裂きれつや崩壊がはなはだしかった。 ...
  • たとえば口にするも驚くべきことではあるが、一八二一年には、大運河と言わるる囲繞溝渠いじょうこうきょの一部が、ちょうどヴェニスの運河のように、グールド街に裸のままわだかまっていた。 ...
  • 最後にまた右の方には、ジューヌール街の行き止まりの隧道があって、囲繞溝渠いじょうこうきょに達するまで小さな横穴が方々についている。 ...
  • 囲繞溝渠はベルシーの方へとパッシーの方へと二つの出口があると思い、その名の示すがようにセーヌ右岸のパリーの地下を取り巻いてると思うのは、誤りである。 ...
  • 囲繞溝渠いにょうこうきょのうちにはいりこむのは無駄だ。 ...
  • 右岸においては、囲繞溝渠いじょうこうきょがその枝の幹となり、その分脈は小枝となり、行き止まりの支脈は細枝となる。 ...
  • 囲繞溝渠は一四一二年に成ったもので、その時メニルモンタンの小さな水流はパリーの大下水道に用いられて、農夫の下男が国王の侍従長になったほどの昇進をし、グロ・ジャンがルベルになったようなものだった。 ...
  • 巡邏隊の隊長をしてる警官は、角灯をたかくあげ、一隊の人々は囲繞溝渠いにょうこうきょの方向に、足音の響いてくる方向へ、もやの中をのぞきこんだ。 ...
  • 囲繞溝渠いじょうこうきょのうちにはいり込むのはむだである。 ...