囲繞地

全て 名詞
13 の例文 (0.00 秒)
  • また、住居に付属した敷地は、住居に接続して障壁等で囲まれている囲繞地であると認められる場合には、住居の一部として扱われ、そこへの侵入が住居侵入罪を構成する。 ...
  • 住居・建物の建っている囲繞地については、建物そのものに侵入していなくても、刑法130条の住居侵入罪が成立するとされる。 ...
  • このような土地の位置関係にある場合に、囲んでいる側の土地を「囲繞地」といい、囲まれている側の土地を「袋地」という。 ...
  • 囲繞地とは、民法においては、他の土地に囲まれて公道に通じていない土地にとって、その土地を囲んでいる土地をいい、また、刑法においては、柵等で周囲を囲んでいる土地をいう。 ...
  • 軽犯罪法第1条第1号は「内」側としている事から、人が住んでおらず看守されていない建造物等の囲繞地には適用がないものと考えられるが、同法同条第32号の適用の余地はある。 ...
  • 民法上の袋地を囲んでいる土地を囲繞地といい、袋地の所有者には囲繞地を通行する権利が発生することがある。 ...
  • 以上の事から、建物等の囲繞地であって、ブロックや塀、竹垣等によって門塀を備えたものは勿論のこと、敷地境界において鎖一本や、ロードコーン・コーンバー等により簡易に囲障を備えているものであっても、建造物侵入罪の客体となる。 ...
  • 民法現代語化を目的とした、平成16年民法改正により、「囲繞地」は「その土地を囲んでいる他の土地」などと言い換えられ、法文上「囲繞」の文字はなくなったが、不動産業界等に深く浸透している用語であり、講学上の用語としては現在も用いられている。 ...
  • 囲繞地の所有者は、袋地所有者の囲繞地通行権の負担を負う。 ...
  • 袋地の所有者が隣接する囲繞地を通行する権利であることから「隣地通行権」あるいは「袋地通行権」ともいう。 ...
  • なお、2005年の民法現代語化により、「囲繞地」は「その土地を囲んでいる他の土地」などと言い換えられ、明文上は囲繞地の語が削除されたが、これに代わる適切な語句がなく、依然として用いられる。 ...
  • 通行権者は、囲繞地の所有者に対して、必要最小限の方法により通行権を行使することを得、行使に際し償金を支払う、即ち、有償で行使できる。 ...