囲繞せら

13 の例文 (0.00 秒)
  • 「芸妓給姉に囲繞いにようせられ」 と『鉄道時報』はそのようすを報じている。 ...
  • ただ、どんなに多くの召使に囲繞いにょうせられても、母のない身のさびしさだけが、いわば唯一の淋しさだったということができましょう。 ...
  • 市街を囲繞せる城壁今なお存し、四方に城門ありてこれより出入す。 ...
  • 伯は憲政本党の首領なり、現内閣に対しては当面の政敵たると共に、民間に於ても固より多数の反対党に依て囲繞せらる。 ...
  • で、そのスディンナがだ、たまたま大衆に囲繞いにようせられて坐し、説法したまえる世尊にお会いしたというわけなんだ。 ...
  • 明治四十年頃からの漱石氏はますます創作に油が乗って来て、その門下に集まって来た三重吉、豊隆とよたか草平そうへい臼川きゅうせんその他の人々に囲繞いじょうせられて文壇に於ける陣容も整うて来た事になった。 ...
  • また今の金堂にて、本尊ほんぞん薬師如来を囲繞いにようせる十二神将は、本尊よりも古き様式を持つのみならず、廃滅せる岩淵寺いはぶちでらより移入せりといふ伝説あり。 ...
  • 天然の教育とは、天候地勢、山川草木等、我人の体外に囲繞せる諸象、およびこれより生ずるところの万変万化、自然に我人の精神思想、性質気風を感動薫化するこれなり。 ...
  • そのいわゆる教育は、ひとり学校の教育をいうにあらず、ひとり知力の教育を指すにあらず、社会百般の事々物々、政治、宗教、人情、風俗より天文、地理、気候、地味にいたるまで、いやしくもわが体外に囲繞せる万象万化、みなことごとくわれを教育して一時も休まざるものなり。 ...
  • ともかく北岳というところは、北は駒ヶ岳、北西は仙丈岳、西は木曾山脈、南が間の岳、農鳥、北東が地蔵岳鳳凰山などと、高度我に下りながらも、ほぼ等しい大山岳圏に囲繞いじょうせられているから、北アルプスの高山で見るような、広々とした眺望はられない。 ...
  • 絶佳明媚ぜっかめいび山水さんすい粉壁朱欄燦然ふんぺきしゅらんさんぜんたる宮闕きゅうけつうち、壮麗なる古代の装飾に囲繞いじょうせられて、フランドル画中の婦女は皆脂肪あぶらぎりてはだ白く血液に満ちて色赤く、おのが身の強健に堪へざる如く汗かけり。 ...
  • 「もっとも、枢府に近衛あり、内大臣に木戸」ということで、「側近が華族的華族により囲繞せらるゝ」〈『湯浅倉平』416〉という批判は当然あるが、これも木戸のくだけた「野武士」的性格により緩和されるだろう、という者もいた。 ...