囲繞する

43 の例文 (0.00 秒)
  • いまかれを囲繞いにょうしている人物は、みんな終戦前後に重大な経験を持っている。 ...
  • 今日の私共を囲繞する社会は、「英雄と神との時代」を過ぎて居ります。 ...
  • 神社仏閣の名と形は保存せられても、これを囲繞いにょうする人の境涯は昔でない。 ...
  • しかしその周囲を囲繞いにょうする顔面的条件は如何いかがな者でありましょう。 ...
  • 空には星も月もなく、中庭を囲繞いにょうした建物からは、灯火ともしび一筋洩れていない。 ...
  • さうすると、彼を囲繞する四畳半の鬼気が、彼を憫笑してくれるのであった。 ...
  • 東京の周辺には、高射砲陣地が二重に囲繞して出来ており、その砲数は三千ほどである。 ...
  • その中庭を囲繞いにょうして三つの城砦やぐらが立っていたが、三つとも巨大な角窓を中庭の方へ向けている。 ...
  • いままでの空気が死んだ空気だとすれば、いま佐七を囲繞いにょうしている空気は、生きていて新鮮である。 ...
  • 精霊の気が己を囲繞いにょうしていたこの室で、 あんな人間の声が響いて好いものか。 ...
  • 往来の人たちに気づかれないように、儒者ふうの老人を囲繞いにょうして、さっきから歩いていたのであった。 ...
  • 勿論もちろん、政一を囲繞いにようしているこれらの人々は、茶人や庭の設計家としての彼を買って附き合っているのであった。 ...
  • 原さくらという偉大なプリマドンナ、世界的な大芸術家を囲繞いにようして起こった事件ですわね。 ...
  • 外には夜闇と死の渦巻が二人を囲繞いにょうしている。 ...
  • 或一事を行う度に生活の中心がその一事に移動して焦点を作り、他の万事は縁暈えんうんとしてそれを囲繞いじょうしている。 ...
  • 星は彼を囲繞いにょうしていた。 ...
  • けれども、彼女等の周囲を囲繞して居る種々な条件はなかなか、人類の希望する「そのところ」へは行かせません。 ...
  • 次へ