囲繞

256 の例文 (0.00 秒)
  • いまかれを囲繞いにょうしている人物は、みんな終戦前後に重大な経験を持っている。 ...
  • 今日の私共を囲繞する社会は、「英雄と神との時代」を過ぎて居ります。 ...
  • 神社仏閣の名と形は保存せられても、これを囲繞いにょうする人の境涯は昔でない。 ...
  • しかしその周囲を囲繞いにょうする顔面的条件は如何いかがな者でありましょう。 ...
  • 二人を囲繞いにょうして五、六人の武士、うやうやしく地上にかしこまっている。 ...
  • 空には星も月もなく、中庭を囲繞いにょうした建物からは、灯火ともしび一筋洩れていない。 ...
  • 休みの時間毎に出て見ると、校堂を囲繞とりまく草地の上には秋らしい日があたって来ている。 ...
  • 彼は早や右からも左からも集って来る沢山な若い人達に囲繞とりまかれた。 ...
  • そこには二個所焚火があり癩患者がそれを囲繞とりかこみ、動物のように蠢めいていた。 ...
  • 火を囲繞いにょうした五人の男女は、火の光を他へ洩らすまいとした。 ...
  • さうすると、彼を囲繞する四畳半の鬼気が、彼を憫笑してくれるのであった。 ...
  • その中庭を囲繞いにょうして三つの城砦やぐらが立っていたが、三つとも巨大な角窓を中庭の方へ向けている。 ...
  • これに囲繞いじょうされる生活が、人間の美意識を濁らせる事は当然です。 ...
  • いままでの空気が死んだ空気だとすれば、いま佐七を囲繞いにょうしている空気は、生きていて新鮮である。 ...
  • 精霊の気が己を囲繞いにょうしていたこの室で、 あんな人間の声が響いて好いものか。 ...
  • この小さな部落は川を前にして山々に囲繞されている。 ...
  • 氷見は能登半島のつけ根に位置していて、海に面し、南・西・北の三方を山に囲繞いじようされている。 ...
  • 往来の人たちに気づかれないように、儒者ふうの老人を囲繞いにょうして、さっきから歩いていたのであった。 ...
  • 東京の周辺には、高射砲陣地が二重に囲繞して出来ており、その砲数は三千ほどである。 ...
  • その常磐木に囲繞いにょうされて、黒塗りの駕籠が中央にあるのは、岩といってもよさそうであった。 ...
  • そしてこの囲繞溝渠のみが、十分安心できるくらいの遠い出口に彼を導き得るのであった。 ...
  • 「芸妓給姉に囲繞いにようせられ」 と『鉄道時報』はそのようすを報じている。 ...
  • けれども若し私達の生活がかくの如きもののみによって囲繞いにょうされることを想像するのは寂しいことではないか。 ...
  • 欄干は橋が囲繞堤と交差する辺りで可動できる様になっている。 ...
  • 外には夜闇と死の渦巻が二人を囲繞いにょうしている。 ...
  • 星は彼を囲繞いにょうしていた。 ...
  • けれども、彼女等の周囲を囲繞して居る種々な条件はなかなか、人類の希望する「そのところ」へは行かせません。 ...
  • 我々青年を囲繞いぎょうする空気は、今やもうすこしも流動しなくなった。 ...
  • 次のページ

囲繞で始まる単語