囲繞

全て 名詞
227 の例文 (0.01 秒)
  • いまかれを囲繞いにょうしている人物は、みんな終戦前後に重大な経験を持っている。 ...
  • 今日の私共を囲繞する社会は、「英雄と神との時代」を過ぎて居ります。 ...
  • 神社仏閣の名と形は保存せられても、これを囲繞いにょうする人の境涯は昔でない。 ...
  • しかしその周囲を囲繞いにょうする顔面的条件は如何いかがな者でありましょう。 ...
  • 四面海に囲繞いにようされているわが国は、海上輸送に依存することが盛んであった。 ...
  • そこには二個所焚火があり癩患者がそれを囲繞とりかこみ、動物のように蠢めいていた。 ...
  • 火を囲繞いにょうした五人の男女は、火の光を他へ洩らすまいとした。 ...
  • さうすると、彼を囲繞する四畳半の鬼気が、彼を憫笑してくれるのであった。 ...
  • 東京の周辺には、高射砲陣地が二重に囲繞して出来ており、その砲数は三千ほどである。 ...
  • その中庭を囲繞いにょうして三つの城砦やぐらが立っていたが、三つとも巨大な角窓を中庭の方へ向けている。 ...
  • これに囲繞いじょうされる生活が、人間の美意識を濁らせる事は当然です。 ...
  • けれども若し私達の生活がかくの如きもののみによって囲繞いにょうされることを想像するのは寂しいことではないか。 ...
  • いままでの空気が死んだ空気だとすれば、いま佐七を囲繞いにょうしている空気は、生きていて新鮮である。 ...
  • 精霊の気が己を囲繞いにょうしていたこの室で、 あんな人間の声が響いて好いものか。 ...
  • 一方で、自然的領土については河川ないし河川囲繞と海洋囲繞であるとした。 ...
  • この小さな部落は川を前にして山々に囲繞されている。 ...
  • 篠井の里の片端、野菜の緑に囲繞いにょうされて、一軒の農家が立っていた。 ...
  • 次へ