団塊

全て 名詞
147 の例文 (0.00 秒)
  • 団塊より上の世代なら誰もが記憶している六月一五日、宇兵は機動隊員として首相官邸の中にいた。 ...
  • しかし江戸前の寿司というものが江戸時代のいつごろか知らんが発明されたときに、その寿司の団塊となったものが回転をはじめようとはいったい誰が予想しただろうか。 ...
  • 船は戦慄せんりつし、炎の団塊はいまにも崩れそうに横になびき、そして前部上檣が倒れた。 ...
  • そうしてその団塊が初めから、その重心を通る一つの軸のまわりに右から左の方向に旋転運動を有したものと考えている。 ...
  • 一分と経たない内にカークは片手にポンプを持ち、もう一方の手に珪素団塊を抱えて戻ってくることが出来たのだ。 ...
  • スパゲッティの量が多いので、あとの料理がもうたべられず、団塊のパンとワインでちょうどよい料理であった。 ...
  • 緑色の楕円形をした食えない部分があってその頭にこれと同じくらいの大きさで美しい紅色をした甘い団塊が附着している。 ...
  • 従ってもしこのような微塵が集まって一団塊となるとすれば、その内側すなわち、太陽に面した方が、外側よりも急速に右から左へ動かなければならない。 ...
  • 何が出るかと思って、緊張している、大勢の頭上の空中に、一団の大きな黄黒色のボアのような煙の団塊が一つ出来た。 ...
  • すなわち、全宇宙は結局『寒冷で暗黒なただ一塊の団塊になろう』としてその方へ歩みを進めているというのである。 ...
  • そしてついにばらばらの隕石の癒着ゆちゃくした団塊となってはじめて、相互の中和が停止した。 ...
  • これがみな複雑な渦動ヴォーテックスの団塊であって、むつかしい運動を続けながら、だんだんに拡散して行くのである。 ...
  • カークの傍らに立ったスポックは珪素団塊の嵌め込まれた壁面を見上げていった。 ...
  • 石灰岩の中のチャート団塊もしばしば化石に似た形をとる。 ...
  • 幌満側の樹林では北海道稀産のゴレツミズゴケの団塊がある。 ...
  • ダーウィンの示した結果によれば、こういう小さい物体の群は、いろいろの関係から見て、あたかも一つのガスの団塊と同様な性質をもっているのである。 ...
  • 土色の醜いからだが憤懣ふんまんの団塊であるように思われた。 ...
  • 次へ