回向

全て 名詞
364 の例文 (0.00 秒)
  • そなたの子供に回向えこうをして進ぜようが、名まえはなんといったのじゃな? ...
  • ママさんは先生の代わりになって、文代さんの回向えこうをしていられたんです。 ...
  • して見れば僕の文章は中道に倒れた先達の為にも多少の回向にはなる筈である。 ...
  • 保吉は死を考える度に、ある日回向院えこういん境内けいだいに見かけた二匹の犬を思い出した。 ...
  • しかし、長年住んだ故郷が忘れられずに帰郷し回向院の副住職となる。 ...
  • 僕は当時回向院えこういんの境内にいろいろの見世物を見たものである。
  • 思わぬ回向料に気をよくしたのか、住職は石碑の前で長々と経を読む。 ...
  • 関東大震災の際は飛行機による空中からの死者回向を行った。
  • 小伝馬町の牢で処刑された遺体も、約五キロばかり離れたこの回向院に運ばれる。 ...
  • 旅僧は頼政のために祈り、頼政の霊は僧の回向を感謝しながら消えてゆく。 ...
  • 叔母に捧げる志は、同時に、兄の為の回向にもなつてくれるであらう。 ...
  • 行っても、回向えこうしたり、読経の僧と共に坐っていることなど、滅多にない。 ...
  • その回向堂は、また庚申堂こうしんどうとも呼ぶが、別に庚申を祭ったのではない。 ...
  • 梶井の母はそれを自分の寺へ送って、回向えこうをした上で墓地の隅に葬ってもらうことにしたいと言っていた。 ...
  • 他に用は無いから、毎日洪願寺へまいり、夜は回向えこうをしては寝ます。
  • これは間違いないと思い、小町を回向するために市原野へと向かう。 ...
  • 日蓮の実践が全て師・道善房への報恩・回向になっているとの趣旨である。
  • 次へ