四面楚歌の状況

12 の例文 (0.00 秒)
  • 京を維持しようとしていた信長にとって、四面楚歌の状況であった。 ...
  • 五里霧中、四面楚歌の状況に変わりはないが、糸口だけは幾つか見えて来た。 ...
  • 信長の四面楚歌そかの状況は依然変っていないのである。 ...
  • その当時、ソニーは米国市場で四面楚歌の状況にあった。 ...
  • とはいえ、クリスチャン4世の臣民にとっては幸いなことに、混乱と四面楚歌の状況にあっても、クリスチャン4世は自分の責務を知りそれを果たす勇気を有していた。 ...
  • さらに答弁側である財務部長からも「公共施設休館や公園の利用停止が想定される」と将来を不安視する発言が引き出され、中根は議場で四面楚歌の状況に置かれた。 ...
  • これをうけてフランスもプロイセンに加勢し、西側を包囲された四面楚歌の状況にあって、マリア・テレジアは東方のハンガリーに救いを求める。 ...
  • 北方のボイオティアとも戦争状態にあり、アテナイは文字通り四面楚歌の状況にあった。 ...
  • そして、新見が背後で生徒や教師達、父の衛の憎悪が全て誠に向くように操作した結果、誠は同級生のみならず、体育教師や父親まで巻き込んだ、周囲の全員からの近親憎悪・無理解を受ける四面楚歌の状況へと追い込まれていく。 ...
  • 天童頼貞・白鳥長久・蔵増頼真・延沢満延らが輝宗に同調するなど四面楚歌の状況であったが、義光はこれらの攻勢を巧みに退けた。 ...
  • 当時のアテナイは、スパルタ、アイギナ、ボイオティア、テーバイと敵対する四面楚歌の状況にあった。 ...