四面楚歌のなか

7 の例文 (0.00 秒)
  • まず、この四面楚歌のなかへ、どうやってバーベルを搬入するか、それが当面の課題だった。 ...
  • 今となっては、四面楚歌のなか、由美子が兄のために必死になっていることを強調するには、そして、網川がそんな彼女のために戦う戦士であることをアピールするには、むしろ、アークホテルでの騒動があってよかったとさえ思えるくらいだ。 ...
  • 田舎いなか丸出しの女中たちのこしらえてくれる食膳しょくぜんに向かうことも憂鬱ゆううつだったが、出癖もついていたせいで、独りで書斎にいると、四面楚歌そかのなかで生きている張り合いもないような気もした。 ...
  • 四年前のスペイン遠征のとき、惨めにもリスボンでつまずいて以来、この不幸なドン・アントニオは急速に没落してゆき、四面楚歌のなかで貧窮に苦しむ身の上であった。 ...
  • ルソーを尊敬していたジラルタン侯は四面楚歌のなかにあったルソーを、パリの東のエルムノンヴィルの邸宅に移り住まわせ。 ...
  • 試合開始直後キン肉マンはグレートに先発を任せるが、四面楚歌のなかカメハメのファイトを再現できないテリーマンは悪魔コンビに苦戦し、マッスル・ドッキングも失敗。 ...