四面楚歌

全て 名詞
166 の例文 (0.00 秒)
  • 先生は、自分では気づいていなかったが、すでに四面楚歌だったんです。 ...
  • 四面楚歌しめんそかとはこのことか」 光秀は湖の向うをながめやってつぶやいた。 ...
  • 京を維持しようとしていた信長にとって、四面楚歌の状況であった。 ...
  • 私はこれから、いよいよ四面楚歌そかの取り調べをうけなければならないのだ。 ...
  • このような四面楚歌の状態を克服し、彼は新たなポジションを考案する。 ...
  • 四面楚歌にしていったのは、むしろ、|※あきこのほうであったのかもしれない。 ...
  • 押川は仙台においては四面楚歌の状態で、とにかく一致してやりたいと主張した。 ...
  • 劉公島と日島が沈黙したならば、北洋水師は四面楚歌となってしまう。 ...
  • 警察も信用できないのであるから、まさに四面楚歌そかである。 ...
  • 四面楚歌そかのその状態は、日曜日の朝になっても変わらなかった。 ...
  • 五里霧中、四面楚歌の状況に変わりはないが、糸口だけは幾つか見えて来た。 ...
  • 四面楚歌そかのこの村で、美也子は私のただひとりの味方なのだ。 ...
  • 武田家が四面楚歌の状態におちいることは火を見るよりもあきらかなことである。 ...
  • 四面楚歌の義仲は平氏に和睦の使者を送ったが、平氏はこれを拒否している。 ...
  • 山陽鉄道の場合と同じで四面楚歌に耐えられず、すぐに投げ出してしまうだろうよ。 ...
  • 信長の四面楚歌そかの状況は依然変っていないのである。 ...
  • 尾坂からも今の状態が続けばあと10日で倒産すると告げられまさに四面楚歌だった。 ...
  • 次へ