四書五経

235 の例文 (0.01 秒)
  • 試験科目である四書五経など、手にしたこともないのだから当然だろう。 ...
  • 四書五経やその外賢伝の書は、いずれも誠意治国の事を述べたのである。 ...
  • 金太郎も父の命で剣道を習い、宿子たちと修身や四書五経などを学んだ。 ...
  • 図書館には旧藩校「進修教校」の四書五経などの書籍が所蔵されている。 ...
  • 四書五経の注釈の類だろうか、一寸角ほどの小さな本を次々と机の上に並べていく。 ...
  • あればまづ寺子屋てらこやの師匠でも云ひさうな、四書五経ししよごきやうの講釈だけでげせう。 ...
  • 四書五経をいかに学んでも、そんたなものは糞の役にも立ち申さぬ。 ...
  • あればまず寺子屋の師匠でも言いそうな、四書五経の講釈だけでげしょう。 ...
  • 早く父を喪い、教育熱心な母の下、近所の和尚に四書五経を学んだ。 ...
  • やがて関心は四書五経など中国古典思想全般へと広がった。 ...
  • 儒家は『四書五経』に収められた賢人たちの教えをもとに発展した。 ...
  • 四書五経をはじめとする儒教や道教の古典を英語に翻訳した。 ...
  • さらに進んで高等科へ入ると、稀れには四書五経から『文選もんぜん』を学ぶ者もいた。 ...
  • 五歳の時、四書五経をすらすらと読み下したことが、語り草になっている。 ...
  • 四書五経の一つに数えられる大学に脩身の語がある。
  • 科試の初科は四書五経の知識を踏まえた上で出題されるのだ。
  • 明治維新を行ったのは、四書五経という、中国の古典教育を受けてきた世代である。 ...
  • 講義が行われることもあり、日付に一と六が入る一六の日には先生が四書五経などの本を用いて講義を行った。 ...
  • 日本でも儒教は、四書五経の教育を通じて、少数の武士の生活のなかにはいっていました。 ...
  • 話題は四書五経から種々の和書に及び、おそろしく幅が広く、内容が深い。 ...
  • 四書五経から習い初めたものに、なかなか儒教のからはとれませんよ。
  • 四書五経の研究が本業となって、蘭学者への道はあきらめなければならなくなった。 ...
  • 四書五経の講義ができるぐらいのものもありました。 ...
  • 多嘉良の案文はどこにも四書五経の文言が入っていない奇天烈きてれつ候文だ。 ...
  • 易経は四書五経のなかでも最も重要な古典で、かつ、もっとも難解な書物とされている。 ...
  • また弓以外にも槍の腕も優れており、四書五経にも精通し、計略も心得ている。 ...
  • 芝山が創始した四書五経の訓点は後藤点と呼ばれ、広く世間に知れ渡った。 ...
  • 藩校で四書五経をつめこまれる藩士の子弟とはそのあたりがまずちがった。 ...
  • 次のページ