四斗樽

139 の例文 (0.01 秒)
  • その拍子に彼の身体は蓋をあけている沢庵たくあんの四斗樽の中にはまりこんだ。 ...
  • そしてそれもいっしょくたにして四斗樽へ入れ、〝第二工場〟へ送った。 ...
  • 五つに切った女房の死体をね、四斗樽しとだるの中へ入れて、冷していたのですよ。
  • 親しい者を十人近く連れて飲み歩いたり、四斗樽を据えて酒宴をひらく。 ...
  • あまりやらない私でさえ一升は飲んだから、四斗樽一本では足りなかったのではないかと思う。 ...
  • すぐ後から、酒屋の亭主が四斗樽しとだるを車からおろして運び入れて来た。 ...
  • もう射って来たかと思うたら、四斗樽の鏡を抜きよったんじゃ。 ...
  • 四斗樽に高粱飯をもらい、ドラム罐を寺の庭にすえつけて風呂をたてた。 ...
  • 僕のところのお勝手は、手ぜまなものだから、四斗樽を玄関へ据えつけた。 ...
  • その頭がまた四斗樽しとだるのように大きいのです。 ...
  • しかも大きさは四斗樽しとだるほどあって、棒を通して二人でかついでも、なかなか重い。 ...
  • 酒は白鹿はくしかの四斗樽がまだ何んぼも手え付けへんよつて、何んぼ何んでも飮み切れまい。
  • 私の家はそれほど大人数というわけでもなかったが、四斗だる糠味噌ぬかみそ桶に使っていた。 ...
  • 此處には四斗樽ほどの大きな圓い金屬製の煖爐が入れてあつた。 ...
  • 地元の祭りの時には、四斗樽の鏡を抜いて酒を振舞い、地域との融和を心がけていたという。 ...
  • お堂の入口に眼をうつすと、小町酒造の献納した四斗樽が数個つまれてある。 ...
  • さらあとからかゞみいた四斗樽とだるうま荷繩になはくゝつてふとぼうかついでいた。 ...
  • 自分の顔が見るまに四斗樽のようにれたかと思う。 ...
  • 酒の普及がこの四斗樽しとだるというものの発明によって、たちまち容易になったことは争われない。 ...
  • 四斗樽ほどの焼石が幾千万となく流星のように吹き上がり、夕立のように降る。
  • ですからおつまみ用に毎年お漬けものは四斗樽に十本漬けますわ。
  • 車輛の一つに四斗樽がぎっしりと積まれていて、それが破壊されて内部から沢庵が線路上にも散乱していた。 ...
  • 仕事のあいまあいまに仕事場のすみの四斗樽に腰をおろして私が本を読むのにふけっていても彼女は何も不平をいわなくなった。 ...
  • こも冠りの、にせ正宗四斗樽一本を、金四十円で入れましょうというのだ。 ...
  • 四斗樽のように腫れた脚をかかえて寝ていると、なんとなく気に喰わない気がしてならない山の傲岸さである。 ...
  • 尾の細い割に、たてがみうずいた深い頭は四斗樽しとだるほどもあった。 ...
  • 此処には四斗樽ほどの大きな円い金属製の暖炉が入れてあった。 ...
  • それまでの冷やし飴は、びんごと四斗だるに放り込み、氷の塊りを入れて冷やしていた。 ...
  • 次のページ