四十七士

全て 名詞
204 の例文 (0.00 秒)
  • ドイツのニュースサイトは、彼らの献身を四十七士にたとえている。
  • 赤穂藩藩主浅野家の祈願所であり、赤穂浪士四十七士の墓と石像がある。 ...
  • 大高源吾は四十七士の一人中村勘助とともに江戸に下向していた。 ...
  • また「四十七士の中で人を斬った事があったのは安兵衛だけだった」というのも実際には定かではない。 ...
  • 四十七士の一人寺岡平右衛門は、同志たちとともに江戸へ下るため実家を出る。 ...
  • 寺坂吉右衛門、おのれはいのちある限り、四十七士の一人ではないか。 ...
  • 松島栄一によれば、この件は四十七士が義士であるという論功行賞になってしまったという。 ...
  • 四十七士の討ち入りでは、事前に吉良邸の地図を入手していたといわれるが、五・一五事件の将校たちは、そういう機会がなかった。 ...
  • 私は、鎌倉四十七士が、いささか義に勇みすぎる風情があるのを怖れるのである。 ...
  • 復讐のきょは、翌十四日に決行され、一盟四十七士の大志は、貫徹かんてつした。 ...
  • ある商店へやられたんだが、つまらないから、四十七士の墓だけ参詣して、逃げて帰ってしまったんだよ。 ...
  • 福沢によれば内匠頭にしろ四十七士にしろ、刃傷や仇討ちに及ぶのではなく時の政府である江戸幕府に訴えを起こすべきだったとしている。 ...
  • 鎌倉に四十七士が奮起するのも眠れる時代の慶事とや云うべし。 ...
  • 当時、江戸幕府の処分を受けた四十七士の擁護を行うことは、一歩間違えれば幕府に対する政治批判として処罰を受ける可能性があった。 ...
  • 軍人さんたちが、どんな談合をしていたからといって、世の中どう変わるはずもないのに、刑事だか憲兵だか知らないけど、あの男たちは梓たちのことを、四十七士だとでも思っているのだろうか。 ...
  • 吉良を討ち取った47人の行為を賞賛する立場からは、四十七士のことを赤穂義士と呼ぶ。 ...
  • 討ち入りを行った人数から四十七士ともいう。 ...
  • 次へ