四十七士の一人

18 の例文 (0.00 秒)
  • 四十七士の一人である武林唯七が江戸へ下向する途中、金太という男に絡まれる。 ...
  • 大高源吾は四十七士の一人中村勘助とともに江戸に下向していた。 ...
  • 四十七士の一人寺岡平右衛門は、同志たちとともに江戸へ下るため実家を出る。 ...
  • 寺坂とは直接関係がないと思われる四十七士の一人・三村次郎左衛門すらも泉岳寺で母にあてて書いた手紙に、寺坂が立ち退いた旨を述べている。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人である大石信清の兄にあたる。 ...
  • 四十七士の一人勝田新左衛門は、赤穂城が開城された後、八百屋に身をやつしていた。 ...
  • 四十七士の一人である間十次郎の妻は、討ち入り後、赤穂浪士たちの墓の前で十次郎の後を追って自害したという伝説がある。 ...
  • 四十七士の一人杉野十平次は「夜泣き蕎麦屋の十助」として吉良邸の動向を探っていた。 ...
  • 四十七士の一人大高源吾が江戸下向しようとしている道中、国蔵というヤクザ者の馬子がからんできた。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人・吉田兼亮の娘婿にあたる。 ...
  • 為永春水の『正史実伝いろは文庫』には討ち入りの際、四十七士の一人である武林唯七の妻が吉良を討つため捨て身で吉良を押さえたとあるが、史実では唯七にも妻はいない。 ...
  • 溝口盛政の六女は中山弥次右衛門に嫁ぎ、その間に赤穂浪士四十七士の一人堀部安兵衛武庸を産んだ。 ...
  • thumb|180px|絵図面を見る岡野金右衛門四十七士の一人である岡野金右衛門は吉良邸の絵図面を手に入れるため、吉良上野介の屋敷の普請を請け負っていた大工の棟梁の娘である「お艶」と恋人になる。 ...
  • 隠居後与惣兵衛は、隣家の下僕に化けた四十七士の一人大石瀬左衛門に討たれて最期を遂げる。 ...
  • 赤穂浪士達が切腹する当日、四十七士の一人礒貝十郎左衛門が討ち入り直前に付き合い始めた許嫁の「おみの」が人目を忍んでやってくる。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人。 ...
  • 赤穂浪士四十七士の一人堀部武庸の実父。 ...