四分五裂

174 の例文 (0.00 秒)
  • で勢い、四分五裂、上へ下へ、蜘蛛くもの子のような乱離らんりをみせだしていた。
  • 社長がこう言っていると一々相手に話した日には、会社の中が四分五裂してしまう。 ...
  • 敵は四分五裂して逃げたが、両騎士団ともそんな雑兵には眼もくれなかった。 ...
  • 他にも中央政府に反発する勢力があり、コンゴ国内は四分五裂となっていた。 ...
  • ロシア艦隊は混乱の極に達し四分五裂となって、各個に逃走を始めた。 ...
  • 当時の王ピアンキは、エジプトの王国が四分五裂する様を目にして北方への遠征を決意した。 ...
  • そのような状況の総括と展望をめぐって、ブントは四分五裂状態になる。 ...
  • お前は正直もので、いつもお前の表情と、言葉とは一致していたが、今日のお前の表情は四分五裂している。 ...
  • 南部勢は四分五裂となると思われたとき、南部側から2名の勇士が現れ十二所側に突進した。 ...
  • 苦心してさぐらなくても、数日いれば城内の四分五裂はすぐわかる。 ...
  • 四分五裂しぶんごれつについえ去って、損害ははかり知ることのできぬほどのものとなるのだ。 ...
  • こうしてカロリング家によって建設された帝国と王朝は四分五裂の状態となった。 ...
  • 朝倉本陣を四分五裂した榊原康政勢は、勢いに乗じて浅井本陣に迫った。 ...
  • かつ実際には厳密に党所属議員がグループ化されているわけではなく、個々の議員が多様な主張を勝手に繰り返す四分五裂の事態となっていた。 ...
  • 崩れ立った第一陣は左にひらくどころか、四分五裂となって第二陣になだれかかって行く。 ...
  • 帝国は再び四分五裂の状態となった。 ...
  • 敵は慶次郎の予想をはるかに超える速さと勇猛さに気を奪われ、陣型が四分五裂してしまうからである。 ...
  • そう見えたのは、皮手甲が透明であったからで、実はそれが四分五裂に裂けたものであったことは次の瞬間にわかった。 ...
  • そんなことになったらネプトーダ連邦は四分五裂になり、潰滅するに違いない。 ...
  • 新左翼が四分五裂したのも同様の理由である。 ...
  • 関羽の部隊が城から討って出て追撃し、曹仁の人馬は四分五裂して霧消した。 ...
  • 裏崩れして四分五裂になって敗走しつつある幻影が重なって、チラチラと揺れている。 ...
  • 急激な進路の変更は、国内を四分五裂、同胞相撃つの修羅場を現出する。 ...
  • あれほど四分五裂していた半島を、今年のうちにも再統一しそうな勢いだし、噂ではスウェーデンのヴィスビーやスコーネ地方まで狙っているともいうぞ。 ...
  • しかし、国の指導者とか支配者になる者は、ドイツの四分五裂を直視して、それをなんとかまとめなければならない立場にある者である。 ...
  • 混乱はますます大きくなり、一丸となっていた軍勢は四分五裂し、ついには潰走をはじめたのである。 ...
  • 死体が四分五裂になっているにも拘らず、右手だけは付根から切断されて、上膊から先が完全であった事実を思うがよい。 ...
  • フランスと日本、そしてイギリスは今の体制になると同時に四分五裂し、支部を形成できるだけの勢力が存在しない空白地帯と化している。 ...
  • 次のページ