嗚咽まじり

6 の例文 (0.00 秒)
  • 嗚咽おえつまじりの声になったが私は作業台に寝たまま言葉を口から押し出した。 ...
  • 出た涙はすぐには止まらず、自分は嗚咽まじりに、泣きじゃくるに決まっていた。 ...
  • 「藍さま」と、彼女は嗚咽おえつまじりに、二まわり以上も年下の幼いその姪の名をおろおろと呼んだ。 ...
  • むいみちゃんは悲痛そうに、既に張り詰めていた糸がばらばらに千切れてしまったかのように、涙まじりに、嗚咽まじりに、腹の中のものを吐き出すように言った。 ...
  • 「お店に寄せてもろうたほうが、正体失わんとすむやろ思いましてん」 「先生」と、美濃子はルームヘ入ると、低い嗚咽おえつまじりの声を忍ばせ、ソファーのひじ掛けに額をおしあてた。 ...