嗚咽しはじめ

12 の例文 (0.00 秒)
  • いや、勝典の言葉を伝えたら、突然静子は烈しく嗚咽おえつしはじめたのである。 ...
  • それでも神経が耐えられなくなったか、運転席に顔を伏せると、嗚咽しはじめた。 ...
  • それから、女は両手で顔を覆って、壁に背をつけたまま、はげしく嗚咽おえつしはじめた。 ...
  • いかなる思いが去来したか、若い母親のお秋は、しゃがみこみ、両手を顔にあてて嗚咽おえつしはじめた。 ...
  • 「すっかり、お変りになりました」 と、市蔵は、またも嗚咽しはじめた。 ...
  • 門太郎はふいにうずくまり、両掌を顔にあてて嗚咽しはじめた。 ...
  • 孝子は、呆然として、死体を見下していたが、そのうちに、ホームにひざをついて、激しく嗚咽おえつしはじめた。 ...
  • そうしてにわかに肩を震わせて嗚咽おえつしはじめた。 ...
  • 「しかも此の度は鈴江君までが大助に協力を」 嗚咽おえつしはじめた喜久右衛門を横眼で見て大助と鈴江は、また始まったという眼をちらと交わしあった。 ...
  • ヨシエが弾けたように嗚咽おえつしはじめた。 ...
  • 滝の手が、両手でおおいつくせそうな、細くひきしまった少年の腰にまわって、容赦なく押し開いたとき、良はかすかな呻き声をあげ、そのまま赤児のように小さく嗚咽しはじめた。 ...