喜色満面

108 の例文 (0.00 秒)
  • 魏の明帝も喜色満面、大いに悦に入ってこの称号を与えたことであろう。 ...
  • 俺は、喜色満面の顔で萩原さんの前に立つ奥田の姿が見える様な気がした。 ...
  • そのくせ己が喜色満面たる笑顔を浮かべているのがわかった。
  • ぬしが喜色満面きしょくまんめん、強気にあの主人と交渉しとったのを見てなかったとでも思うのかや。 ...
  • 「候補地を色々と考えてみたんだけどね」 ハルヒは喜色満面である。
  • 顔を上げると、あせ前髪まえがみが張り付いた、喜色満面の連れの顔があった。 ...
  • 続けて、喜色満面でウィンクし、自分の寝床へ足取りも軽く去っていく。 ...
  • わたしと戦うことを知ると、彼は喜色満面の笑みを浮かべた。 ...
  • 院代勝俣秀吉は喜色満面となり、しかしいくらかいぶかしげに言った。 ...
  • 渋々のふりをして実は喜色満面、その準備に取りかかることができるのである。 ...
  • エーリヒは喜色満面のていでドアのところに立ち止ったままでいた。 ...
  • 一方ウェヌスは喜色満面に溢れ、踊子たちと楽しそうに踊っていました。 ...
  • そこへ喜色満面の鈴木侍従長が飛ぶように駈けてきていった。 ...
  • わたしは絶望しかけていたが、ある夜わたしたちが食事していたビヤホールの小さな庭に大佐が喜色満面に浮かべてやって来るのをわたしは見た。 ...
  • 行ってみると、じいさんは喜色満面きしょくまんめんにうかべて得意そうに床の上にすわっている。 ...
  • 「あ、はいはい」聡子は喜色満面になり、いそいそと部屋を出て行った。 ...
  • 喜色満面きしょくまんめんで足をパタパタさせながら食べて飲んで、ようやくひと段落ついたというところだ。 ...
  • 次へ