唯一の慰藉

7 の例文 (0.00 秒)
  • 君は子供の墓地に近く住むことを唯一の慰藉なぐさめとしている。 ...
  • わが唯一の慰藉なぐさめは、なれをわがかいなの中に感ずることにこそあれ。 ...
  • 死に臨んでは少しもにげ隠れたり等した覚えはない、むしろ堂々と堪うべきことを堪えしのんだのだと言うことが唯一の慰藉ではありませぬか。 ...
  • 後年は文壇の権威をもって自任した漱石氏も、その頃は僅かに東京俳友の消息を聞いて、それを唯一の慰藉とする程度にあったのだと思うと面白い。 ...
  • こゝは人も知る通り、上海やマニラや浦塩うらじほあたりから、日光箱根などへ行く事の出来ない種類の西洋人が、日本の風景を唯一の慰藉として遊びに来る土地である。 ...
  • のみならず、後継者を作るというようなことは、生い先きが短いと覚悟した居士に在っては、それが唯一の慰藉ともなるのであったろうが、冷かにこれを言えば、そういう事はやや幼稚な考であって、居士の後継者は決して一小虚子を以てこれに満足すべきではなくして、広くこれを天下に求むべきであったのである。 ...