和洋折衷様式

9 の例文 (0.00 秒)
  • 廊下を挟んで東側に和室、西側に洋風の応接室が配置された和洋折衷様式。 ...
  • 和洋折衷様式の木造2階建で当時としては珍しくテラス風の廊下等があり洋風が取り入れられていた。 ...
  • 現在は、オーベルジュスタイルのペンションが併設され、和洋折衷様式の建物はそのロビーに、蔵はカフェバーに、旧店舗部分はレストランとしてそれぞれ利用されている。 ...
  • 木造二階建、和洋折衷様式の建物であり、能登半島から大工を呼んで建築に当たらせ、ヒノキが使われている。 ...
  • 昭和23年に梼原町の町組によって北町に建設された大正時代の和洋折衷様式の建物で、芝居や映画上映など住民の娯楽の殿堂「梼原公民館」として親しまれていたが、平成7年9月に東町に修復移転し今日に至っている。 ...
  • 畔夫の晩年、次男で、蚕種業者として成功した二木家の養子となっていた二木洵が、父の業績を顕彰し、その蔵書を公開するために、1919年に松門文庫と称する擬洋風、ないし、和洋折衷様式の文庫を浅間温泉に建てた。 ...
  • 本館は寺社の多い奈良の景観に配慮し、屋根上に鴟尾を置き壁面を白い漆喰仕上げとした木造2階建て瓦葺き建築で、内装は桃山風の豪奢・華麗な意匠とドイツ風の重厚な意匠が混在する、和洋折衷様式となっている。 ...
  • thumb|300px|奈良国立博物館付属仏教美術資料研究センター奈良帝室博物館の不評を受け、奈良ホテル本館に15年先駆けて奈良公園内に建設された和洋折衷様式建築。 ...