合祀祭

10 の例文 (0.00 秒)
  • 合祀祭には天皇が祭主として出席し、合祀されることは死者・遺族にとって最大の名誉であると考えられることが多かった。 ...
  • 同様の趣旨で設けられた慰霊碑や共同墓所が日本各地にあり、合祀祭や追悼式典が行われている。 ...
  • 合祀先は平方の氷川神社で、1909年9月25日に合祀祭が挙行され、橘神社に改称された。 ...
  • 神社は村社の稲荷社のほか、愛宕社が設立されていたが、旧平方村で村内にある神社の合祀が1908年5月に行われ、1909年9月25日に合祀先の平方氷川神社にて合祀祭が挙行され、橘神社に改称された。 ...
  • 次に靖国神社の神体とされる鏡に「霊璽簿」を写し、合祀祭を行うことで「人霊」を「神霊」へと化す。 ...
  • こうした中で、明治39年に神社合祀が発議されると、村社楯原神社は村社東西神社、および無格社春日神社とともに天神社に合併されることになり、明治40年9月12日に合祀祭を行った。 ...
  • 翌年の明治42年4月17日には改築移転の件について内務大臣の許可を受け、同月29日に地鎮祭を行い、同年6月10日に上棟際、9月17日に新殿祭、18日午後7時より正遷宮式を行い、翌19日午後7時より新祭神合祀祭を行った。 ...
  • 明治40年12月5日に境内の若宮社、無格社の八幡宮、愛神社、山神社、秋葉社、七本松社、舟古志社、贄島社を合祀する許可を受け、同20日に合祀祭を行なった。 ...
  • 明治5年に郷社へ加列の上、現社名の波切神社へと改称された後、明治40年12月5日、境内社13社並びに無格社4社を合祀し波切神社と単称する許可を受け、同月26日に合祀祭を挙行した。 ...