合祀政策

8 の例文 (0.00 秒)
  • 神社中心説とは地方の自治は神社を中心に行なわれるべきだという考えのことで、これにより合祀政策に一町村一神社の基準が当てはめられることとなった。 ...
  • そのため特に合祀政策の甚だしかった三重県では県下全神社の9割が廃止されるという事態になった。 ...
  • 和歌山県や愛媛県もそれについで合祀政策が進められた。 ...
  • 特に合祀政策が甚だしかったのは三重県で、県下全神社のおよそ9割が廃されることとなった。 ...
  • とはいうものの、この合祀政策は、博物学者・民俗学者で粘菌の研究で知られる南方熊楠ら知識人が言論によって強い反対を示した。 ...
  • この神社に対し瀧川は少年時代に「ふざけるな」と罵りたいほどの「いやな名称」であるとの印象を受けたといい、当時の合祀政策は廃仏毀釈に並ぶ「廃神毀社」であったと酷評する。
  • こうした合祀政策には南方熊楠、柳田國男等の智識人が異を唱えることとなり、明治43年を境に急激な合祀は終熄したものの、地方の文化や習俗、祭礼に甚大なる影響を与えた。 ...