合祀先

12 の例文 (0.00 秒)
  • なお、合祀先は小泉の氷川神社で、合祀後は八合神社に改称された。 ...
  • しかし、合祀先神社に渡していたご神体は偽者であり、合祀の際に住民が隠していた本物のご神体によって神社の復社を完了したという逸話が残されている。 ...
  • 合祀先は小泉の氷川神社で、合祀後は八合神社に改称された。 ...
  • 可笑おかしきは合祀先の神社の神職が、神社は戻るとも神体は還しやらずとて、おのれをその社の兼務させくれるべきしちに取りおる。 ...
  • 旧大石村で旧藤波村と旧畔吉村を除く村内にある神社の合祀が1907年に地内の氷川神社に合祀先として行われ、合祀後は八合神社に改称された。 ...
  • 南方熊楠は、『神社合祀に関する意見』において復社の経緯を記しており、合祀先神社の神職が祭祀の兼職を維持しようと金刀比羅神社のご神体を住民に返さず隠していた。 ...
  • 合祀先は平方の氷川神社で、1909年9月25日に合祀祭が挙行され、橘神社に改称された。 ...
  • 神社は村社の稲荷社のほか、愛宕社が設立されていたが、旧平方村で村内にある神社の合祀が1908年5月に行われ、1909年9月25日に合祀先の平方氷川神社にて合祀祭が挙行され、橘神社に改称された。 ...
  • 信太地区の各氏神社の合祀先である信太森葛葉稲荷神社には宮入しないが、合祀されなかった幸地区の氏神社である八坂神社に王子町と幸が別途宮入する。 ...
  • いわく、合祀されし社の氏子、遠路を憚り、ことごとく合祀先の社へ参り得ざるをもって、祭日には数名の総代人を遣わすに、多勢に無勢で俘虜降人同然の位置に立つをもって、何のありがたきことなく早々逃げ帰る。 ...
  • 前述一方杉ある近野村のごとき、去年秋、合祀先の禿山頂の社へ新産婦が嬰児とその姉なる小児を伴い詣るに、往復三里の山路を歩みがたく中途で三人の親子途方に暮れ、ああ誰かわが産土神うぶすながみをかかる遠方へり去れるぞと嘆くを見かねて、一里半ばかりその女児を負い送り届けやりし人ありと聞く。 ...