合祀

2,121 の例文 (0.04 秒)
  • 第二次世界大戦まで軍人が戦死した場合には靖国神社に合祀されていた。 ...
  • 合祀の理由は神社の維持費用負担が各社では賄いきれないためであった。 ...
  • 旧大石村で村内にある神社の合祀が1907年に行なわれたためである。 ...
  • しかし明治末期に榛名神社へ合祀されたあとは顧みられなくなっていた。 ...
  • 御客座にはほかにも境内にあった坂本神社の祭神などが合祀されている。 ...
  • 旧大石村で村内にある神社の合祀が1907年に行われたためである。 ...
  • 明治末期には近くの7社が合祀され、広大な氏子域を有するようになった。 ...
  • 明治41年に国の一村一社の方針を受け、多数の神社が合祀された。 ...
  • 後に現在の地に遷座し、同時に合祀されたものが現在の神社である。 ...
  • すると、その神社は北野神社に合祀されて、いまはないというのだった。 ...
  • また、合祀され存在しないが、神明社や雷電社が鎮座した時期があった。 ...
  • 旧揖斐郡徳山村の各地区に存在した神社を移転して、合祀した神社である。 ...
  • ただこの合祀は書類上のもので、現在もこれらの各社は残っている。 ...
  • また、広田弘毅など非軍人を合祀したことでも例外的な措置であった。 ...
  • また、隣接していた諏訪神社を合併した関係で建御名方命を合祀する。 ...
  • 旧平方村で村内にある神社の合祀が1908年5月に行われたためである。 ...
  • 天皇が親拝を止めた原因をA級戦犯の合祀とする見解への反論も存在する。 ...
  • 合祀したものの中には、元は石神に鎮座したという王子権現が含まれる。 ...
  • なお、以下には過去に「第六天」と呼ばれた社を合祀している神社も含む。 ...
  • 明治42年に周辺の神社の祭神を合祀したために、十一柱と多くなっている。 ...
  • 明治40年に鈴鹿峠の鏡岩付近の田村神社が合祀されて現在の形となる。 ...
  • 近世には一帯の氏神であったが、明治末年に近隣の高積神社に合祀された。 ...
  • この他にも合祀の際、偽神体を渡し、真の神体を隠しある所多しと聞く。 ...
  • なお、桜田門外の変襲撃者と天狗党らは共に靖国神社へ合祀されている。 ...
  • 各地の事情により、合祀されている諸神や摂社の諸神に特徴がある。 ...
  • この際、中村の鎮守であった素盞嗚神社は近隣の桑津神社へ合祀された。 ...
  • 当初は少彦名神を祭神としていたが、移転時に菅原道真公を合祀した。 ...
  • その際に五か所の神社が合祀されたことから「五所神社」に改称した。 ...
  • 次のページ