史料蒐集

14 の例文 (0.00 秒)
  • 全国の史料蒐集には、史書の比較検討という、特殊な作業ができる精神の持ち主が必要だった。 ...
  • 史料蒐集の域を最大限に拡大する気だった。 ...
  • そして、佐々をはじめとする史館の精鋭を、過去最大規模の史料蒐集へと派遣した。 ...
  • これは、事業を拡大した林家でも同じで、要は、史料蒐集しゅうしゅうの難儀にぶつかっていた。 ...
  • 起稿は文化甲子9月とあるから、およそ満5年を費やして執筆したことになるが、史料蒐集を始めとする準備にはそれ以前から相当の歳月をかけているであろう。 ...
  • ほか、萩野の郷土である佐渡島の研究や史料蒐集も行い、佐渡関係の著述も多数ある。 ...
  • あるじの景憲はこの冬から兵法の史料蒐集のために甲州方面へ旅行中だということだが、留守中にもかかわらず、ちょうど濠をへだてた真向いにある井伊掃部頭かもんのかみの屋敷よりも人の出入りがはげしい。 ...
  • 実在の水戸藩主である徳川光圀は、国史編纂の為に史局員の儒学者らを日本各地へ派遣して史料蒐集を行っているが、光圀自身は世子時代の鎌倉遊歴と、藩主時代の江戸と国元の往復や領内巡検をしている程度で、諸国を漫遊したという記録は一切確認されていない。 ...
  • 特に各地にわたる平家村の山中踏査に興を覚え、また週刊朝日を通じて読者に依る史料蒐集の結果、全国より寄せられし平家史料百八十余通にのぼる。 ...
  • 林家も、鵞峰の尽力で史料蒐集のめどがつき、朝廷や公家層などと禁書閲覧に関して、和解がなされたという報せがあった。 ...
  • また、1882年1月14日の『かなめ新聞』第83号では大小切騒動に関する史料蒐集の社告が載せられており、一部に事実の錯綜が見られるものの大小切騒動に関する初めての史料蒐集として知られる。 ...
  • なお和田が生前主張していたところによれば、安東氏後裔との伝えを持つ秋田氏が藩主の陸奥三春藩を襲った大火で舞鶴城所蔵史料が焼失したため、藩主の命を受けた秋田孝季が妹婿の和田長三郎吉次や菅江真澄らの助力を得て、寛政年間から史料蒐集や諸国踏査を行い、その成果が和田家に秘蔵されてきたとされた。 ...
  • 神社史に関する史料編纂にも多く関わっており、大神宮史料蒐集嘱託をはじめ、官幣大社稲荷神社由緒調査嘱託として『稲荷神社史料』第五編、熱田神宮史編修委員として『熱田神宮文書』『熱田神宮史料』、宗像神社史編纂委員長として『宗像神社史』の編纂に従事している。 ...