古文書類

55 の例文 (0.00 秒)
  • 安中氏は戦国期の古文書類にある名と、近世の史料に出る名が全く異なる。 ...
  • もし後者とすれば、それまで長い間、像は古文書類の中に埋まっていたことになる。 ...
  • そして古文書類がこの窟を満たした時、窟の入口は塞がれてしまったのである。 ...
  • 応仁の乱によって近衛家の邸宅は焼失したが、古文書類は難を逃れた。 ...
  • 那覇手の起源は、首里手などと同様、古文書類が残っていないので判然としない。 ...
  • 追放中の1950年、実家に伝わる古文書類を国文学研究資料館に寄贈した。 ...
  • その地位から都萬神社との政治的・宗教的対立を生じたともいうが、後述するように古文書類を焼失しているために詳細は明らかではない。 ...
  • しかし、製塩所の建設状況がどのようなものであったかを、現存する古文書類から詳細に窺い知ることは出来ない。 ...
  • 勝国寺は空襲などの被害を受けたために、創建の時期や事情を伝える古文書類がほとんど残っていない。 ...
  • 古来より西大谷の氏神として信仰されてきたが、古文書類も残されておらず創立の年代など不明。 ...
  • その後、しばらく瓦林城という名前は古文書類から姿が無くなる。 ...
  • 古文書類を詰め込む時出されたか、あるいは十九世紀になって初めて王道士によって窟から出されたのであるか。 ...
  • 洞門抄物と呼ばれる東国系の文献が有名であるが、古文書類にもしばしば方言が登場するようになる。 ...
  • 旧大名の華族たちが、只虫干をするだけで蔵にしまっている古文書類ももっと天下に役立てられなければならないし、特殊な生産はその代表的な土地にその方面の図書館があってよいだろう。 ...
  • 同神社関係の古文書類によると、寛永年間には「歳久石塔」として存在していたことが確認できるが、社殿を有するようになったのは幕末から明治にかけての頃と考えられている。 ...
  • 加藤三左衛門墓地の碑文には、加藤三左衛門とあるが古文書類には加藤三郎左衛門との記述もある。 ...
  • これら歴代の近衛家当主によって守られてきた古文書類は、近代に入って明治33年から数度に分けて京都帝国大学附属図書館に寄託された。 ...
  • 次へ