古文書調査

9 の例文 (0.00 秒)
  • このことに見られるように、享保20年以降の古文書調査は徳川幕府成立史の新たな叙述を目指した事業の一環であった。 ...
  • 特に軽妙な筆致の大黒天図が約半分を占め、薬師寺の古文書調査によると、2000点を超える大黒天図を寄進したことが判明している。 ...
  • 特に享保20年前後以降の、青木昆陽を中心とした広範な古文書調査では、徳川幕府成立史にまつわる資料の調査・収集への関心が加わった。 ...
  • また、将軍吉宗のころには国内記録の散逸が危惧されていたため、寺社奉行配下の青木昆陽による甲州の古文書調査が行われた。 ...
  • 横山家に伝わる古文書調査で、江戸の父貴林から、馬術の練習に励む藩主宗辰に馬を献上したことや、宗辰の馬に乗せてもらったことを国許の隆達に伝える延享2年に書かれた書状が発見された。 ...
  • 一方で、上野晴朗は雛問屋の聞き取り調査・古文書調査から「おかぶと」が正しい呼称であると指摘している。 ...
  • 大学ではアンデス、マヤなど古代ギリシア史から研究を始め、30代ごろから、イギリスの大英図書館などで古文書調査を始め、16世紀のロンドンにあった「ブライドウェル矯正院」の史料から、犯罪者や浮浪者など当時の民衆の実態を明らかにした。 ...
  • 例えば、巻二・国法之部で著述される甲州金に関してはその起源を不詳とし、金座役人・松木家文書などを示しつつ甲州金について考察し、甲斐の古文書調査を行った幕臣・儒学者の青木昆陽の『甲州略記』や『昆陽漫録』などの著作を引用しつつも、『甲斐国志』編纂の調査に基きその誤りを指摘している。 ...