古文書群

16 の例文 (0.00 秒)
  • この古文書群に従えば、「百万の田」表記が「正しい」とも推測できる。 ...
  • 上記の古文書群のリストは完全ではない。 ...
  • 澤原家が保存していた古文書群は呉市に寄託されている。 ...
  • 上杉家文書は、旧米沢藩主・上杉家に伝えられた鎌倉時代から江戸時代までの古文書群。
  • なお、真下家所蔵の古文書群は当初「真下家文書」と呼称されていたが、その後の調査で本来的には真下家に伝来したものではなく蒐集した古文書であることが判明したため、現在では「真下家所蔵文書」と呼称されている。 ...
  • 茂木氏に関しては戦後、同氏の嫡流が断絶した際に旧臣の吉成氏が引き継いだとされる『茂木文書』と呼ばれる古文書群が伝えられている。 ...
  • この時点で県内4家の古文書群を保有し2人の職員が配置されたが、2人では到底公文書館の代行はできず、実態は郷土資料の収集・閲覧が主業務となった。
  • 群馬県安中市の真下家が蒐集した古文書群で、甲斐武田氏家臣で足軽大将の山本菅助とその子孫に関する文書7点を含む。 ...
  • 神護の自薦書、他田日奉部直神護解は、奈良東大寺の正倉院に残された一大古文書群のなかの文書の一つである。 ...
  • その古文書群は、マレガ神父が大分赴任中に弓道仲間の臼杵藩旧家臣を通じて、古書店から購入した臼杵藩の古文書などが中心。 ...
  • これは信濃国高井郡の国衆で、戦国時代には武田家臣、近世には上杉家家臣となり、明治期に屯田兵として北海道へ渡った市河氏の子孫家に伝来した古文書群で、市河家文書と呼ばれる。 ...
  • 山国荘とその周辺の京北一帯については『黒田地区文書』と呼ばれる時代を跨ぐ古文書群の一括史料から往時の様子が窺い知れ、平安時代に貴族の荘園として開拓が進み、平氏の所領を経て、鎌倉幕府の御家人で畿内の守護となった大内氏により検地された。 ...
  • 真下家所蔵文書は、日本の古文書群。 ...
  • 榎下家文書は、日本の古文書群。 ...
  • 主なコレクションに、古文書群である「秋山文庫」と「伊藤文庫」、民俗資料を中心とした「堀田文庫」、児童文学を中心とした「北村文庫」がある。 ...